[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
[`buzzurl` not found]
[`buzzurl_users` not found]

What's New

稼ぎたい?特典が欲しい? あなたのネット証券スタイル

ネット証券のメリットは、「手数料の安さ」だと言われています。初心者にとっては、丁寧に説明してくれたりわかりやすく解説しているサイトがありがたいですよね。カスタマーサポートなども、どうなっているのか知りたいです。

当サイトは、ネット証券の商品の種類・比較・取引などについて、初心者にもわかるように噛み砕いて解説したサイトです。
まず概要・基本を理解したうえで、ネット証券をについて研究していきましょう。
まず、株取引をする目的としては、一般にどのようなケースが多いのでしょうか。

ネット証券ってなに?


大きな利益を狙いたい(男性投資家の傾向)

男性にとっても家計のことは切り離せない問題ですが、ある調査によると、
男性の場合は自分の勤務先や知人等の会社への関心から株取引を始めた人が、女性よりも多いとのことです。

また、男性の場合は女性に比べて、多少のリスクがあってもより多い利益を求めようとする傾向があり、
年輩の男性の場合は、投資家向けのセミナー等への積極的な参加も目立つようです。
「男のロマン」という言葉がありますが、男性の中には、株の利益で家を建てたり車を買ったり、
言わば一獲千金を夢見る人も結構いるようです。

女性のように、日々の暮らしにすぐに役立つ、現実的ですぐに手に入るものを追求するだけに留まらず、
夢や理想をかなえようと、それなりに株の勉強や研究もやってみようという男性の投資家の姿もあるようです。

株の収益の種類

株ってなに?

株主優待を利用したい(女性投資家の傾向)

女性の場合であれば、景気は回復の方向と聞いても、
なかなか現実には夫の給料が増えることもなく、
それどころか消費税も上がるということで、
ますます家計は厳しくなりそうだと感じる主婦も少なくないかもしれません。

銀行預金の利息はほとんどつかないし、車や電車等で銀行へ出かけていくと、
ガソリン代や交通費の方が高くつくこともあります。

少しでも家計の足しになるものはないかと思って、株を買ってみることも考えたものの、
損をした人の話も聞いたことがあるので、
何となく怖くてなかなか手が出せないということもあるでしょう。

ところで、株の取引で儲けるという感覚でなく、
株を持つことで恩恵が受けられる点に着目して株を始めた人も結構多いようです。
株主優待です。
そして、昨今ではネット証券で手軽に株取引ができるようになったので、初めて株を買った人も少なくありません。
もちろん、株を売買して利益が出たら何よりですが、
株を持っていることでもらえる配当金や、株を発行している会社の商品や金券
さらに言えば、株主総会のお土産や試食会等を目的に始めた人も、かなりいるようです。

食品メーカーであれば食料品がもらえたり、鉄道・航空関係やホテルであれば、
運賃の割引券や宿泊優待券等が株主優待サービスとなっていることが多いようです。
金額に換算すれば、銀行預金の利息をはるかに上回る商品やサービスが多い上、
家計の足しになるものが結構あるので、女性の投資家の人気を集めているようです。

株の収益の種類

株で老後や教育の資金を確保したい

男そして、男女に限らず、子供の教育費や自分たちの老後の資金を確保する方法のひとつとして、
株取引を始めようとする人も出てきます。

ある時期になれば必ず必要となる資金ですが、
だからと言って、あまりリスクの高い金融商品には不安を感じるため、
比較的安定した銘柄での株取引を考えるべきであるかもしれません。
かつては、利回りのいい配当がもらえた電力会社の株は「資産株」と呼ばれて、
高齢の投資家にも人気があったようですが、大震災以降は配当がゼロになった会社もあり、
やはり、投資する銘柄を色々な種類に分けて、株以外の金融商品にも投資するなどして、
資産運用の方法を充分に検討する必要がありそうです。

ネット証券のメリット

気になる「NISA」とは?

今、2014年1月に始まる
NISA(Nippon Individual Savings Account ニーサ:少額投資非課税制度)が話題になっており、
ネット証券も含めて各証券会社ではNISAの口座開設を受け付けています。

これは、通常なら、2014年から株や投資信託の売買の利益や配当金には20.315%の税金がかかるのですが、
年間に投資した金額100万円分までの利益や配当金は非課税とする制度です(非課税の期間は、最大5年間)。
これからネット証券で株取引を始めようとする場合、このNISA口座を開設して、税金の面での恩恵も受けたいものです。

ネット証券の種類

 
 

このページのトップへ