株ってなに?

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
[`buzzurl_users` not found]

株ってなに?

株を買って権利を持ち、利益を受ける

「株」とは、株式会社が発行する有価証券のことをいいます。

通常、会社を作ったり経営したりするには、多くの資金が必要です。
資金を調達するための方法のひとつが、株式を発行することです。
資金を出してくれた人達(個人だけでなく、企業や団体の場合もあります)には株式が発行され、
出した資金の額に応じて株主としてその会社の権利を持つことになり、
利益が出たら配分を受けます。
権利を持つことを証明するために株主に渡すのが株券です。
厳密に言えば、株式と株券の持つ意味は異なりますが、一般的にそれらをまとめて株と呼ぶことがほとんどです。

大勢で資金を出し合う仕組みの「株式会社」

世界初の株式会社は、17世紀初めにオランダ人が作った東インド会社であると言われています。
その頃、欧州各国は植民地を手に入れるため、競って航海に出ていました。
当時、アジアで香辛料を手に入れて欧州へ持ち帰れば莫大な利益が得られたのですが、
アジアへ行く船を作るのに巨額の資金が必要である上、
航海の途中で海賊に襲われたり嵐に遭って難破したりする危険も伴いました。
多額の資金をつぎ込んで船を作って航海に出ても、利益どころか多額の資金を失い、
生きて帰れないこともあったわけです。

そういう状況で、万一の場合でも、
お金を出した人達の一人当たりの損失ができるだけ少なくて済むよう、
大勢の人達で資金を出し合おうという株式会社の発想が生まれたのです。

買うことができない株もある(非上場株、未公開株)

ところで、株の中には誰でも自由に買えない株もあります。
株価が高くて買えないのではなく、買うこと自体ができない株は、
非上場株未公開株と呼ばれています。
証券取引所で取引されている株(上場株)とは異なるのです。
上場株になるための基準を満たしていない株や、
公開したくないという会社の意思で上場されていない株は非上場株や未公開株と呼ばれ、
一般的には買うことができません。
大企業の株の中で買うことができない株の例として、サントリーや富士ゼロックスの株があります。

 
 

このページのトップへ