四本値、ローソク足ってなに?

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
[`buzzurl_users` not found]

四本値、ローソク足ってなに?

値動きを表すチャート

株取引では、株を安く買って高く売ればいいと言われても、
特に初心者の場合は、いくらなら安い(高い)のかわかりにくいものです。

株価は、証券取引所の取引時間中に上がったり下がったりします。
もちろん、それぞれの株で値動きの様子は異なります。
そのような値動きの様子を表したのがチャートと呼ばれるグラフで、
1日の値動きだけでなく、1週間とか1ヵ月、あるいは年単位の値動きを表したチャートもあります。

四本値を示すローソク足チャート

何種類かあるチャートのうち、ローソク足チャートを利用している投資家が多いようです。
ローソク足チャートでは、横軸に時間や日付、縦軸に株価が示されていますが、
通常の折れ線グラフのような点と線で示されるのではなく、
ローソク足というローソクの形に似たものを並べて株の値動きの様子が示されています。

ローソク足は江戸時代の米相場で生まれたとされていて、
株価のうち下記の4つの値(四本値:よんほんね)を表しています。
四本値を見ると、その日の株価の動きがよくわかります。

  • 始値(はじめね)または寄付値(よりつきね):証券取引所が開いて株取引が始まり、一番最初に成立した取引の株価。
  • 終値(おわりね)または引値(ひけね):証券取引所が閉まる前、最後に成立した取引の株価。
  • 高値(たかね):1日で成立したいくつかの取引の中で、一番高かった株価。
  • 安値(やすね):高値とは反対に、一番安かった株価。

ローソク足チャートの見方

ローソク足には白と黒の2種類があり、次のように使い分けられています。

  • 白(陽線):始値よりも終値が上がった場合。
  • 黒(陰線):始値よりも終値が下がった場合。

また、ローソク足の四角い部分を、その上下に出ている直線をヒゲといいます。
白、黒ともに、上にあるヒゲの上端は高値、下にあるヒゲの下端は安値を示します。
そして、白では柱の上辺の位置が終値、下辺が始値を示し、黒では逆になります。
白いローソク足の場合、その日の取引は値上がりする形で終了したことを表し、
黒いローソク足の場合は、その逆ということになります。

 
 

このページのトップへ