株価と単元単位

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
[`buzzurl_users` not found]

株価と単元単位

単元という決められた株数の単位

株は、好きな株数を取引できるのではなく、決められた株数単位で取引することになっています。
決められた株数のことを単元といいます。

単元は、1株、100株、1,000株が一般的ですが、企業により異なります。
1単元が1株の場合は1株だけでも取引できますが、1単元が100株の場合は、
100の倍数の株数で取引することになります。

例えば、200株や500株なら取引できますが、5株とか10株とか、
100の倍数以外の株数では取引できません。

1単元が何株かによって、用意する額が変わる

たとえ同じ値段の株が2つあっても、1単元が何株であるかにより、
買うために用意するお金の額はそれぞれ違います。
1株千円の株で考えると、1単元100株で1単元だけ買うのなら、取引手数料を除いて10万円を用意すればいいのですが、
1単元1,000株であると、1単元でも百万円ものお金が必要で、予算は大きく変わります。

株価だけを見るのでなく、1単元が何株であるかを必ず確認して、
考えている予算で買えるかどうかを検討する必要があります。

端株やミニ株

単元ごとにしか買えないはずの株なのに、1単元の株数より少ない端株(はかぶ)ができてしまうことがあります。
端株は、株式分割によりできることが多いようです。

株式分割とは、1株をいくつかに分けて(例えば、1株を1.5株にする)、株数を増やすことです。
持っている株が分割されると株数は増えますが1株の価値は下がるので、全体の価値は同じです。

例えば、1株千円の株を100株持っていて、1株が1.5株に分割されたとします。
保有する株数は、100株の1.5倍の150株になりますが、
株価は通常1.5分の1(つまり、3分の2である667円程度)になるので、
全体の価値は、667円×150=100,050円で、もとの10万円とほとんど変わりません。
150株のうち、50株が端株です。

また、ミニ株を取り扱う証券会社も増えています。
ミニ株とは、1単元の株数の1割の株数(1単元100株なら、10株)で取引できる株のことです。
例えば、通常の取引なら100万円かかる株であれば10万円で取引できることになるので、
予算が少ない場合でも手軽に取引ができます。
端株もミニ株も配当は受けられますが、株主優待は受けられません。

 
 

このページのトップへ