証券取引所とは

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
[`buzzurl_users` not found]

証券取引所とは

株の取引は、証券会社を通じて行う

株の取引は、株を発行している企業ではなく、証券会社を通じて行います。
証券会社は、顧客(株を売買したい人。投資家とも呼ばれます)から株の売買の注文を受けると、
証券取引所へ注文を出します。
証券取引所には他の証券会社からも色々な注文がきて、株の取引が行われています。

株の取引では、それぞれの株を買いたい人と売りたい人がいて、
売買の値段が折り合えば取引成立(約定:やくじょう)となります。
つまり、どんなに買いたい株があっても売りたい人がいないと買えませんから、約定できません。
その逆も同様です。
約定すると、証券会社は、大きな収入源となる手数料を顧客から受け取ります。

東京証券取引所一部の上場基準は最も厳しい

証券会社は街中に店舗があるのを見掛けますし、
最近はネットで取引できるネット証券の会社も多くなりましたが、証券取引所はどこにあるのでしょう。

現在、国内では、東京、名古屋、福岡、札幌に証券取引所があります。
この中でも、東京証券取引所(東証:とうしょう)で最も多くの企業の株が取引されています。
証券取引所で取引することを上場(じょうじょう)と言いますが、上場できるようになるには厳しい基準があります。
東証は、第一部と第二部の二つの市場に分かれていて、東証一部の上場基準は最も厳しいものとされています。

ベンチャー企業上場する新興市場

ところで、多くの企業の中には、ベンチャー企業と呼ばれる企業もあります。
ベンチャー企業にはまだ新しい会社が多く、伸びる可能性を持つ一方で業績は不安定な企業が少なくありません。
そのようなベンチャー企業の株が多く上場しているのが、
上場基準が緩やかなマザーズジャスダックセントレックス等の新興市場です。

業績が不安定であるだけに、新興市場では一般的に株価の上がり下がりが激しいようですから、
投資家は、不安定になりがちな株価の動きを特に注意深く見ていく必要があると言えます。

 
 

このページのトップへ