中国株

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
[`buzzurl_users` not found]

中国株

中国株の市場

中国には、証券取引所が3つあります。
香港上海深センの3つですが、香港市場は香港、上海市場と深セン市場は中国本土にあります。

3つの市場の中でも、香港市場は100年を超える歴史があり、
香港がまだイギリス領だった頃からある古い株式市場です。
香港市場は、さらに2つの市場に分かれていて、
中国の代表的な大企業の銘柄が多いメインボードと、新興企業の銘柄が中心であるGEM市場とがあります。
上海市場と深セン市場も2つに分かれていて、中国人の投資家専用のA株と、
中国以外の外国人専用のB株があります。

ネット証券では、これら全ての市場の株が取引できるわけではありませんから、
各ネット証券での確認が必要です。

ネット証券でも中国株の取引が可能

日本にいながら中国株の取引を行う場合、通常、
日本の証券会社が投資家からの注文を受けて、現地の金融商品取引業者に注文を出し、
現地の業者が証券取引所へ注文を出すという流れになります。
中国株の取引にも売買の手数料が必要で、日本の証券会社に支払う手数料の他、
現地の金融商品取引業者に手数料が必要な場合もあるようです。

中国株の場合、日本の株と違って情報を入手するのが難しい場合もありますが、
ネット証券によっては中国株の情報を充実させている場合もあるようですので、
取引を始める前に複数のネット証券を比較して検討することがお勧めです。

中国株の市場は大きく、成長が見込める

一般に、経済の成長が著しい国では、株価が上がっていく速度が速いと言われています。
中国の場合も、市場がこれから成長していくという期待が持たれており、
何よりその人口の多さからもわかるように、市場はとても大きいと言えます。

今はまだ発展していない地域がこれから発展し、
大きな労働力のもとに経済活動が活発化していく可能性を持っていると言えるのでしょう。
また、中国株には配当の多い銘柄も結構あるようですから、注目している投資家も多いようです。

 
 

このページのトップへ