投資信託

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
[`buzzurl_users` not found]

投資信託

初心者でも気軽に始めることができる

投資信託は、何人もの投資家から集めたお金をひとつにまとめて、
ファンドマネージャーという投資の専門家が金融市場で運用する商品です。

投資家は、ファンドマネージャーが資金運用して得られた利益を、分配金として受け取ることができます。
投資家は自分で考えて資金運用をしなくても、ファンドマネージャーに任せておけばいいので、
投資の初心者でも気軽に始めることができる商品であると言えるようです。
株を買う時のようにまとまった資金を用意しなくても、ほんの少額からでも始められます。

分散投資でリスクを分散

投資信託には、複数の株で資金運用しているものや、不動産、債券等で資金運用しているものに加え、
それらを一定の割合でいろいろ組み入れて資金運用しているものもあります。

債券とは、国や地方公共団体、企業等が資金を集めたいときに発行する借用証書のようなものです。
例えば、国が国債を発行して国民に借金をするという言い方をすることがあります。

いずれにしても、何かひとつのものに投資するのでなく、
いくつもの銘柄に分散して投資することになるので、
値動きが好調なものとそうでないものがあってもリスクが分散されて、
全体で見ると安定して運用できることが多いようです。

投資信託の注意点

どの金融商品でもそうですが、投資信託にもいくつか注意しておくことがあります。
おもな注意点は、

  • 信託報酬を支払う必要がある
  • ファンドマネージャーが資金運用している状況を継続して見ていく手間がかかる

ということです。

信託報酬には、投資家に代わって資金の運用を行うファンドマネージャーへの報酬や、
投資信託の販売を行う証券会社への報酬等が含まれます。
信託報酬は、利益が出ていてもいなくても支払いが必要です。
また、ファンドマネージャーが資金運用をしていても、株と同様にリスクがある商品である以上、
運用の状況は常に自分で確認しておく必要があります。

 
 

このページのトップへ