MRFってなに?

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
[`buzzurl_users` not found]

MRFってなに?

MRFは投資信託のひとつ

MRFとは、money reserve fund(マネー・リザーブ・ファンド)のことで、
投資信託の中のひとつです。
1円以上で何円でも預け入れが可能で、必要な時はいつでも出金できます。

証券会社に口座を開設すると、まず株やその他の商品に投資するためのお金を預ける必要がありますが、
そのようなお金を入金しておくのはMRFであることが多いようです。
つまり、商品の売買によりお金を支払ったり受け取ったりする決済に使うお金というわけです。
MRFは、通常、銀行の普通預金よりは高い利息(正確には分配金と言います)がつきます。

MRFに預けたお金を決済に使用する以上、リスクは最低限である必要があります。
しかし、投資信託は元本保証ではない商品です。
元本保証とは、預けたお金を全額払い出したい時、満額で支払われるという意味です。
元本確保という言葉が使用されている商品もありますが、これは元本保証と同じではないので注意しましょう。

また、元本割れという言葉がありますが、これは満額ではなく、支払額が減額されてしまうことです。
MRFは、国債等、比較的安定した金融商品で運用されていて、これまでに元本割れを起こしたことはないようです。

MRF不要の証券会社にするか、こまめに払い出すか

MRFが今後も絶対に元本割れしないとは限りませんから、
心配な場合は、MRFへの預け入れをしなくて済む証券会社を選ぶか、
MRFに多額のお金を入れておくことを避け、
こまめに払い出しておくよう心がけましょう。

MRFにお金を預けなくて済む証券会社の中には、
証券会社が銀行と連携してサービスを行っている所もあります。
そのサービスを使えば、銀行預金として預けたお金をそのまま証券会社の商品への投資に使えるのです。
この銀行預金は元本保証ですから、安心です。
しかも、普通預金よりもかなり高い利息がつく場合もあるようです。

 
 

このページのトップへ